MENU

キャビテーションを成功させる為には食事にも気を付けた方が良いの?

余計なストレスなどがなく効果的な痩身方法として人気のあるキャビテーションですが、最大限の効果を発揮するには施術前後の食事を、きちんと制限することが大切です。制限できないとキャビテーションの効果を実感できなくなってしまうだけでなく、太りやすくなってしまう可能性があります。
キャビテーションはあくまでも脂肪を液状化するもので、一時的に痩せたい部分の脂肪を落とすことは出来ますが、痩身効果を維持するためには努力が必要です。
では、キャビテーション前後に気を付けることとはどんなことでしょうか?

 

キャビテーションを行う前にやってはいけないこととは?

脂肪細胞が乳化することにより急激に体脂肪が減ることで、体が脂肪を蓄えようと吸収率が高くなってしまいます。
一般的に食事をして口に含んでから、消化までには時間がかかります。
一般的に半熟卵の一番消化が早いとされますが、だいたいの食事で3時間程かかります。
この時間は食べ合わせによっても異なりますし一度に食べる量でも変わってきます。
キャビテーションの30分前から術後2時間はなるべく食事を取らないようにしましょう。
特に高カロリーなお肉は消化も悪く、肝臓に負担をかけてしまいます。せっかくキャビテーションを受けても逆効果になりかねません。糖分などの多いパン類やご飯などの炭水化物は控えましょう。またお酒なども厳禁です。肝臓がそれらの分解や吸収、排出などに集中してしまい脂肪の排出がおろそかになってしまうことがあります。

 

キャビテーション後にやってはいけないこととは?

キャビテーション後に注意することは、いつもと同じものを食べていても栄養を吸収しやすくなっているため、食事の内容に気を付ける必要があります。
摂取するなら野菜や果物、消化の良い大豆製品がおすすめです。肝臓の消化を促すタウリンを多く含むしじみやあさりなどもいいでしょう。肝臓や胃腸に負担がかからずに消化しやすい食べ物を選ぶのがポイントです。食事は美しい体を作る基本です。バランスを意識して食べることが大切です。
キャビテーション後は2時間以上開けてから食事を取るようにしてください。
キャビテーションによって溶け出した脂肪を排出するためにも、水分補給はしっかり行いましょうね。
施術後、2時間が経過した後も出来るだけ消化のいいものを取るようにしましょう。
特に時間帯には注意してください。夜になると副交感神経が働いて眠くなりますよね。
副交感神経は体が休止状態に入るので食事などの栄養をため込みやすくなります。
寝る3時間前までには食事を済ませるようにしましょう。
ゴールデンタイムと呼ばれる10時〜2時にはベッドにつくとすると、夜ご飯は7時までに食べるのがいいでしょう。ゴールデンタイムはお肌だけだはなく、体にとっても成長ホルモンが分泌されるので理想的です。

 

キャビテーションの効果を実感出来ない人もいるの?
キャビテーションの失敗談で多いのは効果がなかったという口コミです。
そんな失敗談の口コミをご紹介します。
「下半身太りが気になっていたのでキャビテーションを受けにいきました。
マッサージでリンパを流す施術までして身体もすっきりしたのですが仕事が忙しく、食事が遅くなってしまい運動する時間も毎日取れませんでした。
せっかく勇気をだしてキャビテーションに通いましたが、キャビテーションは私の生活習慣では難しいかなと感じました。確かに体はすっきりしたしいいのですが、生活習慣を変えるほど時間に余裕がないと劇的な変化はわかりませんでした。(30代 女性)」
いかにキャビテーション後の食事が大事かということがわかりますね。

 

キャビテーションは安全性が高く、費用も他の施術と比べて約1/10と安いのですが即効性があるものではありません。1回目から痩せた!と実感するものではなく、3回ぐらい続けることでだんだん結果が出てくるものです。せっかく高額なお金を出して始めるのですから効果が実感できなければ意味がないですよね。そのキャビテーションをうけている期間中の食生活がとても大切です。また、口コミなどを調べて技術が高い病院や先生を選ぶようにしましょうね。