MENU

業務用キャビテーションの価格はいくらくらい?エステのマシンは何が違うの?

今部分痩せしたい女性の間で話題になっているダイエット法に、キャビテーションマシーンを使う方法があります。キャビテーションマシーンは家庭用で使える安価なものと、少し高めな業務用のものが販売されています。家庭用のキャビテーションを試した口コミなどで効果が出なかったという声も聞きますが、実はこのキャビテーション、ただ使うだけでは機器の最大限の効果は実感出来ずに、効果がないものだと諦めてしまっている可能性があります。それはキャビテーションとは他のダイエット方法とは違うやり方で痩身効果を出すためです。アフターケアをきちんと行えば、基本的にはリバウンドすることがありません。家庭用と業務用は何が違うのでしょうか?それぞれ比較してみましょう。

 

業務用と家庭用のキャビテーションは何が違うの?

家庭用と業務用のキャビテーションの違いは出力の大きさ、中性脂肪の排出機能があること、キーンという独特な音を抑えている点などです。
キャビテーションの超音波の強さを表す40kHzや25 kHz、35 kHzなどは数値が大きいほど体の奥まで振動が届くと言われています。
キャビテーションは振動が届いたところのみ効果を発揮するので、40 kHzあれば十分です。家庭用だと安い物で3万円〜10万円程からあるのに対し、業務用だと安くても12〜13万程と金額にかなりの差があります。ちなみにエステサロンなどで取り扱っているキャビテーションマシーンは1台200万円〜それ以上するものがゴロゴロしているとか。
エステに通う手間とコストを考えると、思い切って機器を購入したほうがお得かもしれません。
家庭用の利点とすれば、安く、場所を選ばずに自分の好きな時に出来る使いやすさが利点です。その為、誰でも安心して使えるように超音波が微力になっているので、業務用と比較すると効果は実感しづらい場合があります。
業務用は効率的に脂肪を分解するので家庭用よりは少し超音波が強めに出来ています。
キャビテーションは超音波により脂肪細胞を破壊出来ますが、そのままだと体内に脂肪細胞が残ってしまいます。
脂肪細胞はほっておいても元に戻ることはありません。
他のダイエットと違うことは、キャビテーションは脂肪自体を減少させることが出来るので、リバウンドの心配がないのが嬉しいですね。

 

業務用キャビテーションも実感するにはマッサージが鍵

勘違いしがちなのが、キャビテーションマシーンを使ったから痩せるのではなく、機器で脂肪を分解し、さらに適切なマッサージによって脂肪の排出を促すことが必要です。高い機器を使ったから効果的というわけではなくマッサージをきちんと出来なければ意味がないのです。
キャビテーションを施術で行っているエステサロンでは、その脂肪を排出するために代謝を上げるメニューと一緒にセットになっている場合がほとんどです。キャビテーション後にホットサウナに入ってみたり、マッサージをして痩せやすい、老廃物が体外に排出されやすい体作りを促しています。効率的に痩せやすいテクニックがふんだんに盛り込まれています。自分でマッサージをしてみても部分痩せが気になるところって自分でもうまくマッサージできないところが多いのですよね…。
今まで家庭用や業務用で効果が出なかった人の多くは、自己流で正しいマッサージが出来ていない可能性があります。
さらに、キャビテーションは代謝を上げる効果があるのですが、人間の代謝は一度上げても一般的に3日〜4日ぐらいしか効果が持続しません。施術後の4日間は入念にマッサージするのがコツです。

 

美しくなるためには、機器とマッサージを上手に使うことでより早く痩身効果が期待できるキャビテーション。毎日の継続と工夫で夏までに理増のボディを目指しましょうね。